産業看護師は健康に働けるように従業員に保健の指導やうつ

産業看護師は健康に働けるように従業員に保健の指導やうつ病を防止するための精神的なケアも行います。
産業看護師の求人募集は一般に公開されないため、職業紹介所で見つけるのはほぼ不可能です。
興味を持った人は看護師専用の転職サイトをチェックしてみてください。
そういったサイトでは、産業看護師の求人も数多く載っています。看護師の当直というのは、16時間にもおよぶ長い時間の勤務となっていて、仮眠を勤務時間中にとることができるのです。
国の指針では、月に8回までとされていますが、現状ではそれを超える場合が多いようです。働いている病院の勤務形態によっては、規則的な生活ができなくなったり、疲れが抜けにくかったりするのも、長続きしない看護師が多い理由の一部と思われます。
修学旅行やツアーなどに共に行き、いざというときの病院の手配などを行う看護師もいるのです。
既婚で子供のいる人は土日が休みになっていたり、夜勤をしなくてもいい職場を望んでいます。病院以外の場所で働くのであれば、その職場に適した専門の知識を身につけている認定看護師であるとか専門看護師の資格があると、採用されやすくなります。看護師の勤務形態というものは、他の職種と比較すると特殊であり、就職先によっても変わってきます。
体制は一般的に、2交代、または、3交代制のシフトが組まれているという病院が大半です。2交代制で約3割、3交代制では約7割となっており、3交代制を取り入れている病院が多いです。でも、2交代制の方が休みが増えるので、2交代制がいいと思う看護師も少なくありません。
看護師の勤めているところといえば、病院だと思うのが一般的でしょう。
しかし、看護師の資格を活用できる職場は、病院の他にも色々とあります。
保健所では、保健師と連携し、地域の住民の健康上の様々なサポートをするのも看護師の務めです。
また、福祉施設の中には医師が常駐しているところは少なく、医療行為の大半を看護師がやります。高校に進むときに衛生看護科に進むと、他の方法よりも早く、国家試験の受験資格を与えられるので、看護師になるのに、最短の道を歩むことができるでしょう。しかし、途中で違う進路を考えだしても変えることは難しいです。また、試験を受けるまでには最短5年でいいのですが、短い準備期間のために勉強や実習に充てる絶対量が足りずに合格が困難という側面もあります。全国において、看護師の年収は平均437万円程度です。ただ、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員としての勤務であるので、年収は平均して593万円ほどになります。
公務員看護師は給与の上がる割合も民間の病院より高くて、福利厚生も充実しているのです。準看護師の場合だと、看護師よりも平均年収が70万円くらい低いでしょう。高齢化社会が進み、看護師は福祉施設などでもニーズが拡大してきているのです。さらに、大きな会社になると看護師は医務室にもいて、健康に関する相談や健康診断、ストレスといった精神面でのケアをとり行っています。
このようなケースは、社員としてその会社や企業に入社することもあるでしょう。看護師国家試験に合格するよりも、看護学校の卒業の方が困難という人も多いです。
看護学校はそういわれるほど厳しく、レポートの提出が遅れてしまったり、テストに落ちるなどの些細なことでも留年だそうです。
それほどに厳しい学校を卒業し、国家試験も合格できた人には、ぜひ看護師の職に就いてほしいですね。看護師の資格を得るためには、何通りかの道が挙げられます。
看護師免許を得るためには、国家試験を受験することが必要ですが、いきなりは試験を受けさせてもらえません。
試験を受けるためには看護専門学校と看護系短大(いずれも3年間)、看護系大学のうち、どれかの学校で、看護に関して勉強することが必要です。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ