産業看護師は働く人の健康のために保健の指導やうつ

産業看護師は働く人の健康のために保健の指導やうつ病防止のメンタルケアも行います。
産業看護師は求人の公開が一般にされていませんから、ハローワークなどで見つけるのは無理かもしれません。
興味がある場合は看護師転職サイトを活用してください。
そういったサイトでは、産業看護師の求人も掲載されることが多いです。看護師の勤務状態は、異業種と比較して特殊な体制であり、勤め先によっても違います。
体制は一般的に、勤務が2交代、あるいは、3交代のシフト制になっているという病院が大半です。2交代は大体3割、3交代制は大体7割となっていて、3交代制のシフトの病院が多いでしょう。
ですが、2交代制の方が休みが取れるため、2交代制の方が人気があります。看護師が上手く転職するためには、将来のことを思い描いて迅速に行動を起こす必要があります。
それから、どんな点が大切なのかを決めておいた方が成功しやすいでしょう。
将来の自分をはっきり想像して、そのビジョンに合致した転職先の情報を少しずつ収集してください。
年収と職場環境、勤務形態など、自分にとって大切な条件もリストアップしておきましょう。
産業看護師とは一般企業に勤務する看護師をいいます。
看護師と聞くと病院、クリニックの印象が強いですが、医務室などを設置している企業もあって、そういう場所に勤務している人もいます。仕事の中身や役割は勤務先ごとに違いますが、社員達の健康を維持し、管理することはどの企業でも行う仕事と思ってください。
看護師国家試験に受かるよりも、むしろ、看護学校を卒業することの方が困難だと思う人も少なくありません。看護学校というのは、とても厳しいらしく、レポートの提出が遅れたり、試験に通らなかったなどのちょっとしたことでも留年させてしまうようです。それほど厳しい学校を卒業し、国家試験も合格できた人には、できることなら、看護師の仕事をしてもらいたいですね。
高校に入った時点で衛生看護科を選ぶと、他のやり方と比べて早く国家試験の受験資格を得られるため、看護師の資格を得るのが、一番早いでしょう。
ただ、途中で進路変更を考えても変更するのは簡単ではありません。
また、最低5年で試験を受けられますが、期間が短いので勉強や実習に充てる絶対量が足りずに合格が難しいという欠点もあるでしょう。
看護師の国家試験は、年に1度開催されます。看護師不足が深刻になっているわが国にとっては良いことに、直近数年における看護師資格の合格率はおよそ90%とかなり高い水準を保っています。
看護師資格を得るための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準をクリアできればパスできる試験です。看護師免許を得るには、何通りかの道すじが挙げられます。看護師免許を手にするためには、国家試験を受験することが必要ですが、いきなり試験を受けるわけにはいきません。試験を受けるためには看護専門学校(3年間)、看護系の短大(3年間)、看護系の大学のいずれかに通い、看護について勉強するという条件があります。
全国の看護師年収は平均すると、437万円ほどです。
しかし、国立や私立や県立等の公立病院で働く看護師は、公務員勤務であるので、年収は平均すると、593万円くらいになります。公務員看護師は給料UP率も民間病院よりも高く、福利厚生も充実しているのです。
準看護師の場合ですと、看護師よりも平均年収が70万円ほど低いのです。看護士になりたい理由は何がきっかけで実際に看護師になろうと思ったのかを交えるとイメージが良くなります。転職の場合、その理由はこれまでに経験したことを活かしたいより誰かの役に立つ技術を身につけたいなど、前向きなイメージを持たせられるものにします。
前の職場の批判や陰口は言わないようにしましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ