全国での看護師年収は平均437万

全国での看護師年収は平均437万円程度です。ですが、国立、私立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員勤務のため、年収は平均して593万円ほどになります。公務員看護師は給料UP率も民間病院より高くて、福利厚生の面でも充実しているのです。
準看護師だと、看護師よりも平均年収が70万円くらい低いでしょう。
看護師が転職をするには、未来のことを考えて早めに行動することが重要です。
さらに、何を重点的に考えるのかを決めておくのがオススメです。
将来どうなりたいかをきっちりと考え、その希望に沿った転職先の情報を集めるようにしましょう。
給与額に職場環境、勤務形態など、自分にとって譲れない条件もリストアップしておきましょう。看護士だと、求人はたくさんありますが、希望と一致する条件の求人があるとは限らないものです。看護師の資格を所持している方で就職できればいいと思っている方はあまりいないものです。できることなら、給料が高くて職場環境も良くて、夜勤のないところで働きたいと大抵の方が思っているでしょう。
希望に合う勤め先に転職するためには、情報収集が重要になるのです。
看護士を志望する理由は実際、どんなことをきっかけにして看護師を目指すことになったのかを入れたら印象が良くなるはずです。
転職の時の理由はこれまでに培った経験を有効活用したいさらに人の役に立つスキルを習得したいなど、いい印象を与えられるものにしましょう。前の職場の批判や陰口は言わないようにしましょう。
看護師の資格を取るための国家試験は、年に1度あります。
看護師の人数の不足が問題となっているわが国にとっては良いことに、直近数年の看護師資格の合格率は約90%と非常に高い水準を保ち続けています。
看護師の資格のための国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験とは異なり、一定の水準をクリアできれば合格可能な試験です。看護師の職場といえば、病院という想像が一般の考えでしょう。しかし、看護師の資格を活用できる職場は、病院だけでなく色々とあります。保健所で保健師と協力し、地域の住民の健康上の色々なケアをするのも看護師の仕事です。それに、福祉施設には医師が常に居るところは少なく、ほとんどの医療に関わる行為を看護師が行います。看護師の国家試験にパスするよりも、看護学校の卒業の方が難しいと感じる人も多いのです。
看護学校はそれほど厳しく、レポートの提出が遅れたり、試験に通らなかったなどのちょっとしたことでも留年が決まってしまうようです。それほど厳しい学校を卒業し、国家試験にも受かった人には、ぜひ看護師として、現場に出て欲しいですね。看護師の資格を取るには、何通りかのパターンが考えられます。
看護師免許を取得するには、国家試験を受ける必要がありますが、いきなりは受験できません。受験資格を手にするために看護専門学校(3年間)とか看護系の短大(3年間)でなければ、看護系の大学のいずれかで、看護について勉強するという条件があります。看護師の当直が16時間などにおよぶ長時間の勤務となっているので、勤務中でも仮眠をとれることになっています。
月に8回までと国の指針で定められていますが、その範囲に収めることが困難な場合が増えています。
勤めている病院の勤務シフトによっては、生活がとても不規則になってしまったり、疲れが抜けにくかったりするのも、長続きしない看護師が多い理由のひとつと考えられます。
看護師の場合、勤務の形態が他の職業に比べて特殊であり、就職先によっても違います。
仕事場においては一般的に、2交代、もしくは、3交代のシフト制になっているというケースが多いでしょう。
2交代制が3割、3交代制が7割となっていて、3交代制の病院の方が多いといえます。
しかし、2交代制の方が休日が多いため、2交代制を望む看護師も多いです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ